トップ

治療日数

インプラントは最先端治療

歯科での先進医療といわれているインプラント、失ってしまった永久歯の替わりとなる義歯ではありますが、本物の歯と同じように使えるので、食事も今までとおり楽しめ、生活の質も下がらないので、保険が効かない自由診療ではありますが、希望される患者さんは後を絶たないようです。しかしそういう仕上がりは、スキルの高い医師に担当してもらえてこそ得られる結果なので、病院選びは慎重に行う必要があります。インプラント治療は、神経や血管が入り乱れている歯茎を切開し、骨に穴をあけ、歯柱を埋め込むという実に高度な外科手術を伴うので、実績の豊富な医師に行ってもらいましょう。

先進医療で綺麗な歯を

一般的なインプラントは顎の骨と人工歯根であるチタンが結合するまでの数ヶ月は待機していて、結合してから治療を再開します。ですが先進医療である即時荷重は、手術の日に人工歯根を顎の骨に埋め込みその日のうちに仮歯まで付けることが可能となっているインプラントです。その仮歯も審美的な観点から見ても良いもので、口元の美しさを短期間に回復することができます。この先進医療は従来のものに比べ短い期間で治療を終えることができて、機能的にも精神的にも患者への負担が少ないものとなっています。この技術は総入れ歯の人にも対応できるので、今後治療を受ける人が増えることが予想されます。

↑PAGE TOP