トップ / インプラントのメリット

治療日数

インプラントを受けられない年齢

インプラント治療は受けられない年齢があります。まず、18歳から20歳以下の方の場合、顎の骨が成長しているときに治療をすると、歯並びや見た目などで不具合が出てしまうことがあるためです。次に70歳以上の方の場合、インプラント治療は、外科手術を用いるため、治療に耐えられない、また、治療後のメンテナンスが難しい方が増える、代謝が低下するため、身体の治癒能力が低下しているということでトラブルがおきやすいためです。

インプラントで一生付き合える歯

インプラントとは人口の歯根をあごの骨に埋め込んで支えとし、歯の再建を行う治療です。虫歯の治療のように短い期間で済むことはなく、埋め込んだ歯根が癒着するだけで数か月から半年はかかってしまいます。さらに保険も適用されないので治療にはどうしても時間とお金がかかってしまうのですが、しかし治療法が実用化されてから数十年が経ち、これまでの期間の技術革新により現在では一生の間使用することの出来る歯を取り戻す最高峰の治療となっています。

↑PAGE TOP