トップ / 総入れ歯はインプラント

治療日数

インプラントは大掛かりな治療か

インプラントの治療の際は、多くの人が経験している親知らずを抜歯する程度のレベルで手術を行う事が多くて、人工的な歯を埋め込む治療に関しては何も不安を持つ必要が無いです。歯根を埋め込む時に徹底した麻酔をしながら痛みを和らげて、徐々に元の歯を形成していける事で義歯を付けるよりもメリットが大きいです。研究の成果として治療した直後に元通りの歯として機能できることが立証されていて、大掛かりに複雑な治療を行わないで患者さんに満足できる事が特徴です。

インプラントの治療期間とは

インプラントの治療期間は、個々の症例によって異なります。長い期間が必要な理由として、埋め入れてから顎の骨に連結するための期間が必要なことと、埋めた部位の骨の状態に大きく影響されるため、ある程度の期間が必要となります。また、埋め入れする顎の骨が足りないため、造成が必要な場合などには、治療期間が長引いてしまう可能性があります。治療を受ける際に、どのくらいの期間が必要となるのかなどを確認し治療を受けることがお勧めです。

↑PAGE TOP