トップ / インプラントの人工歯の種類

治療日数

インプラントの素材セラミック

インプラントにおいて使用される人工歯には、様々な種類があります。どの種類を選ぶかによって価格や耐久性などが違ってきます。人工歯の違いで大きいのは、素材に何が使用されているかです。白くて変色することが少ないセラミックを多く使用すると耐久性がアップしますが、その分価格も高くなっていきます。しかし、プラスチックなどと混ぜたり、表面にセラミックをふき付けるだけの場合は、価格は安くなりますが耐久性が劣ったり、色合いが悪くなったりします。インプラント代にこの被せ物の人工歯の費用を合わせたものが必要になりますので、予算に合わせて選択すると良いでしょう。

セラミック治療の一つに

今日では口元を美しくしたいという意識が高まっていて、その治療の一つでもあるインプラント治療の評判が高まっています。その理由として、人工歯根の上にセラミックなどの人工の歯を付けるので、治療のため周りの歯に悪い影響を与えることがないということがあります。さらに、セラミックの人工の歯は周りの天然歯と見分けがつかない色調で作ることができ、その形状は元にあった歯よりもきれいな形にできるのです。そのため、見た目がとてもきれいで、口元が美しくなると人気があり、最近では、安全な治療方法が確立されて、インプラント治療を受けている人が増えています。

↑PAGE TOP