トップ / インプラントについて知ろう

治療日数

生保の対象になるインプラント

インプラント治療は健康保険の適用外なので、高額な費用がかかる事はよく知られています。先進医療の各技術の概要は厚生労働省によって決められており、義歯による治療は2012年3月31日まではその一部が先進医療として認められていましたが、同年4月1日に先進医療から除外に変更になりました。国が定めた条件を満たせばインプラントにも保険が適用されます。その条件は病気や事故などによって顎の骨の1/3以上が連続して欠損している場合や、先天性疾患と診断された場合などで、残念ながら一般の歯科医院での治療は生命保険の先進医療特約に加入している場合でも対象になりません。

生命保険を使える場合

インプラント治療は、入れ歯やブリッジと違い自由診療で、健康保険の適用となりません。その為、治療費が高額になってしまいます。生命保険でも、使えないプランが多いですがなかには、適用になるプランもあります。加入している生命保険のプランの条件のなかに、先進医療特約がある場合にはインプラントにも保険が使用出来ます。ただし、先進医療の指定を受けた歯科でないと保険が適用されませんので、注意が必要です。また、保険会社によって条件が違って来ますのでまずは、自分の加入している保険をきちんと調べてみる必要があります。

↑PAGE TOP